1. トップ>
  2. ビルメンテナンス>
  3. グリストラップ清掃

グリストラップ清掃

グリストラップ(グリーストラップ、グリスピット、オイルピット、油水分離槽、グリス阻集器など)は、厨房排水の中に含まれる動・植物性の油脂分を、直接下水道や浄化槽に流さない為の分離槽です。溜った油脂分を直接除去する設備ですから、毎日相当量の油脂分が溜まります。

グリストラップに関する問題

  • 多くのお客様や従業員が利用される事業所では油脂分が大量に溜まりますが、ある意味では商売繁盛のバロメーターでもあります。経営者にとっては嬉しい悲鳴でもありますので、文句は言えません。しかしながら油脂分の除去はあくまでも自己負担処理ですから、常に効率的なグリストラップメンテナンスシステムを追求することは非常に重要な事と言えます。

  • グリストラップの浄化作業を怠ると、グリストラップ槽全体に油脂分がこびりついてしまい、悪臭も発生し環境汚染が生じてしまいます。その上、ゴキブリ等の害虫の巣窟になりますので、施設の衛生管理面に大きな問題が生じます。

  • グリストラップが油脂分で凝結しますと、排水管も詰まってしまいますので、排水にも支障が出ます。もしそうなれば突然排水が逆流する恐れもあり、業務にも重大な影響が出て大変です。

  • グリストラップの油脂分は自己責任で回収処理しなければなりませんが、回収した油脂分は《産業廃棄物》ですので、一般廃棄物として処理することはできません。廃棄場所がありませんから回収した油脂分の処理が困難です。

  • 回収した油脂分の処理に困り安易に不法投棄しますと、罰金数千万円というペナルティが課せられます。その上、地域社会の消費者等からも見放されてしまい、経営基盤の崩壊を招き、結果的に事業の閉鎖という重大事にもなりかねません。

  • グリストラップの清掃作業を怠ると各種の環境汚染を生じますので、清掃は常に心がけなければなりません。しかしこの清掃作業は、キツイ・汚い・臭いの、いわゆる3K作業の象徴的なものです。

見積り無料!排水管・高圧洗浄・グリストラップ清掃はセオスへ!

清掃例


清掃前

清掃中

清掃後

清掃で抜き取った汚泥は、産業廃棄物中間処理場にて中和・脱水後、契約先のリサイクル処理会社で堆肥としてリサイクルされます。

(マニフェストを発行いたします。)

PAGE TOP