1. トップ>
  2. 事例集

事例集

残液等、付着物のあるプラスチック類の買取について

あるお客様から、薬品や塗料などが内部に付着したり、多少残液のあるケミカルドラムやポリタンク等を処理してくださいとのお問い合わせをいただきました。
弊社では、品物の状態にもよりますが、そのようなプラスチックを洗浄し、有価物として扱える提携先がございますので、今まで産業廃棄物処理をされていたお客様にはコストカットメリット、リサイクルフローなどにおいても大変好評をいただくことができました。
このようなことでお困りの方がいましたら、ぜひご相談ください。

廃薬品のリスト作成から処理まで

yakuhin1yakuhin2

神奈川県にある印刷関連の研究所からのご依頼です。
お客様のご依頼として、研究所閉鎖に当り、試薬品・不明薬品合わせて数百点の処分でした。
状況として 所内至る所に 薬品が点在し その薬品のリストの作成から処分に至るまでの一連の作業でした。
薬品を処理するに当り、どの薬品に、どのような危険性があるか調査すること 長期保管により薬品のラベルが風化し薬品の名称が確認できないものなど、どの工程で排出されたか全く分からない廃棄物薬品等を調査することから始めリストの作成に入りました

その後 毒性・引火性など危険度ごとに分類し、処理にいたる見積もりを作成いたしました。
過去に何度か 他業者に見積もりの依頼したが、リストの作成から処理までの一連を依頼できたことが無く、「この薬品は処理できるが、こちらはできません」などと言うことが多く 又特別管理産業廃棄物の処理許可項目が無く依頼に不安を感じ処理に至らなかった。

今回の事例はリストの作成から どのような薬品があって どのような危険性があったかと言うことをお客様に理解していただいたことと、放置状態が続くと今後リスクを説明し喜んでいただきました。





PAGE TOP