事例:群馬県 接触酸化槽の清掃業務

群馬県 接触酸化槽の清掃業務 [接触酸化槽, 接触材, 汚泥]

廃水処理施設の接触酸化槽内にある接触材の引き抜き清掃業務。K社様については、廃水処理からの脱水汚泥を定期的回収しセメント工場・堆肥工場に運搬・処分をしていました。 生物処理施設のため、天候・温暖の差が施設全体の運営に影響を及ぶす傾向があり、脱水汚泥の性状や排出量にも関係を持ち、調査したところ 接触材の経年劣化という結果に至りました。
作業手順としては、槽内に約90t浮遊している接触材「プラスチック性のボール状」ものを強力吸引車にて吸引し 水だけを又槽内に戻すという方式にて作業を行いました。 その後、中間処理場にて接触材を水洗浄し、汚泥を除去し、破砕。セメントメーカーなどの助燃材として再利用されました。 その後、廃水処理施設の運営にも支障を来すことなく 通常に稼働しているとのことです。常日頃から、汚泥の回収をしているため、性状・排出量の変動などからお客様への連絡・相談ができることが喜ばれています。
事例カテゴリ 産業廃棄物処理
業務内容 接触酸化槽, 接触材, 汚泥
施工エリア 群馬県
ご依頼内容 廃水処理施設の接触酸化槽内にある接触材の引き抜き清掃業務
ご相談・お見積りは無料です。
お気軽にご連絡ください。

メールのお問い合わせはこちら

©2012-2017 CEOSS Inc.